綺麗になるために必要なことは?ダイエット?美肌づくり?それ以前にやることがあります!

Beauty
この記事は約4分で読めます。
PR

どうして綺麗になりたいの?

ただ漠然と綺麗になりたい!と思ってダイエットを始めたり、ジムに通ったりしても続かなかったりします。途中で辛くなったりするからです。

なので、始める前に【どうして自分は綺麗になろうとしているのか】という理由を明確にしてください。

なぜ現状では満足できないのか?ということです。

自分のことを客観的によく観察してみてください。

綺麗になるために痩せたい!と思っている人も、自分の現状を数字にしてみたら、ダイエットが必要ないことに気づくかもしれません。

綺麗になりたい!今の自分は全然ダメだと思っている人も、自分のことをちゃんと知ったら今の状態でいいじゃん!となったりします。

その自分を認めてあげるだけで、綺麗に近づきますよ。

綺麗な人はちゃんと自分が綺麗だということをわかっています。

人と比べず、自分自身を客観的に見てあげてください。

客観的に見れない人は、信頼している人にはっきり言って欲しいと聞いてみるのもいいかもしれません。

あなたは今のままで十分きれいだと言われたら、信じて無理に頑張ることをやめてあげましょう。

頑張ることをやめることが綺麗への近道です。

視覚で確認できる、明確な目標設定!

現状の把握をしたら、次は目標を決めましょう。

ダイエットの場合、数字も必要ですが、その数字になった時にはこういう体型になる!というイメージに近いモデルさんの写真を用意することをオススメします。

なるべく身長が近い人の方がイメージしやすいのかなと思います。

その人の体重も調べて、その体重を目標にするとリアルになってきます。

以前痩せていた頃まで体重を落としたいという人は、昔の自分の写真とかだともっとイメージしやすいですね!

写真を用意して毎日見て、「自分はこういうスタイルになってるんだ」とそのスタイルになった自分を想像することで、自然と近づきます。かといって、暴飲暴食したらだめですよ

ケータイの壁紙に設定したり、自然と目に入るところに写真を貼ってください。

そしてそのスタイルになっている自分を想像してください。

私もミランダカーの水着姿の写真をケータイの壁紙に設定していたら、自然とウェストがくびれました。

その写真を見ることで、見張られている(?)感覚にもなり間食しなくなりましたし、そんなスタイルになった自分ならどういう食生活してるんだろうなー。と想像して動いていました。

今の自分の感覚ではなく、そのスタイルになった時の自分の感覚で動くのです。

背筋も伸びますし、常に腹筋に力を入れて凹ませていました。笑

騙されたと思ってやってみてください。

目標をビジュアル化して、毎日確認して イメージしてくださいね。

頑張らないで。何より楽しむことが大切

綺麗になるには、少し時間がかかるかもしれません。

そこを飽きずに諦めずに継続して 行動し続けれるかどうかが分かれ道になります。

そのためには、綺麗になる過程を楽しむこと。

頑張ってる感覚だと結果が出づらい時期に苦しくなったりして続かないパターンが多いです。

楽しんでいると、結果に左右されずに続けれます。

運動することが楽しい、考えて選んで体に優しい食事をしている時が楽しい。

スキンケアをしている時が幸せ。ドライヤーで丁寧に髪を乾かすことが好き。

みたいな感じで、一つ一つの行動が心地よく感じられていると続けられます。

歯磨きをするかのように習慣になってしまえばいいのです。

頑張らずに当たり前のように綺麗になる行動ができれば、確実に綺麗になります。

辛いと感じたらやめて、違う自分に合う行動を考えてみましょう。

次から次へと出てくる、〇〇で痩せる!という情報に振り回されずに、自分が続けられる心地いい習慣を身につけてください。

生理前など、甘いものが食べたくなる時は我慢しないで食べ過ぎない程度に食べてもいいと思います。

ただ、それを食べた時に自分が本当に気分が良くなるか考えてみましょう。

食べた後に、罪悪感に襲われるならやめてあげた方がいいでしょう。

それを食べることによって、のちに体が冷えたり、内臓に負担がかかって気持ち悪くなることがわかっているなら自分の体のためにやめてあげましょう。

若い時は自分の体のことがよくわからなかったりします。

年齢を重ねて経験が増えてくると、これを食べるとむくみやすくなるとか、こういう時に体がだるくなるとかわかってくるようになります。

そういう体のサインをしっかり覚えて、自分の体が苦しくならないように、自分の体が喜ぶことをしてあげると、喜んだ体は自分が思い描いたなりたい自分の体になっていきます。

心地よい習慣を楽しみながら続けてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました