新型コロナウィルスから考える事

In my head
この記事は約4分で読めます。
PR

2020年。時代が変わるとか、何かいつもと違う一年になりそうだと、ワクワクしてスタートさせた人も多いのでは無いでしょうか。

私も、令和に変わった2019年から急激に時代の変化を感じ

2020年は今までとは全く違う生活をしていこう。

今までとは違う自分になっていこうと

気合を入れてスタートさせました。

個人的な出来事で、1月年明け早々腰を痛め、出鼻をくじかれていたのですが

世界的な出来事として、新型コロナウィルスによって、色々なところに影響が出ています。

陰謀論なども出てきていますが、それとは関係なく、

この出来事が、私たちの生活を変えるきっかけになっていると感じています。

感染症から身を守る意識

日本では今、マスクが入手困難になっています。

コロナウィルスの感染を予防するために、マスクをつける人が圧倒的に増えました。

消毒類もなかなか手に入りません。

ウィルスがアルコールに弱いという情報が出たからです。

しっかり手洗いうがいもする人が増えたのではないでしょうか。

コロナウィルスによって、日本人の感染症に対しての意識が高まりました。

同じ感染症の種類である、インフルエンザは毎年流行るのに

今まで、マスクが買えないなんていう状況になったことはありません。

中国や日本ではコロナウィルスがすごい勢いで感染者を増やしていますが、

アメリカではインフルエンザの感染者の方が圧倒的に多く、

インフルエンザでも亡くなったりする方は、毎年いらっしゃる様です。

コロナウィルスと同じくらい、インフルエンザにも恐ろしい感染力があって、

それは毎年、流行しています。

毎年の事になると、注意が向かなくなるのでしょうか。

もちろん、毎年しっかり予防をしている人もたくさんいらっしゃると思います。

でも、今回はそういう人だけでなく、今まで意識が向いていなかった人も

感染予防に注意せざるを得ない状況になっていると思います。

自分の身は自分で守る。

平和ボケしていると言われる日本には、必要なことかもしれません。

健康に対しての意識

健康でいたいですか?という質問をされれば、イエスと答える人が多いでしょう。

しかし、普段から「健康でいたい」と、思って過ごしている人は意外に少ないのではないでしょうか。

それは、病気やケガを身近に感じることが少ないからです。

肩こりや腰痛を感じている人は多いと思いますが、それはさほど重要には捉えられていません。

肩こりや腰痛がある人が周りにいると、その状態が普通なのかと思ってしまいます。

今回、コロナウィルスがこれだけ騒がれると、

「自分もかかるかもしれない。」と身近に感じていると思います。

そしてコロナウィルスに感染すると14日間隔離されたり、死亡する可能性もある。

という情報が出ているので、それは避けたい。感染したくない。と思うのです。

先ほど書いた、身を守る意識に追加して、

感染しない様にするにはどうしたらいいかと考えると、免疫力を上げる。

ということが出てきます。

この、免疫力をあげる。ということが健康でいる。という事につながってきます。

コロナウィルスによって、日本全体の健康意識が上がるのでは、と思っています。

働き方の見直し

コロナウィルスの感染を防ぐために、人混みへ行かない。ということが推奨され

各地でイベントが中止されています。

イベントでかなりの人が集まると、感染の可能性が比例して高まりますからね。

がしかし、東京近郊の方が職場へ向かう、

あの満員電車の方がかなり危険な感じがしています。

ちょっと咳やくしゃみをしようものなら、たくさんの人の視線が向けられます。

それを解決するために、テレワークや在宅勤務が推奨される様になりました。

サービス業の方達も、マスクを着用しての接客にしているところがほとんどです。

マスクを付けての接客だとかなりレベルが上がりそうですね。

表情が半分見えないので、作り笑いや適当な態度だと、

相手に不快感を与えてしまう可能性が高まりますね。

目は口ほどにものをいいますから。

サービスの本質が問われていくかもしれません。

パソコンを使ってお仕事をされている方は、ネット環境があればどこでも仕事ができる様な時代です。

無駄を省いて効率よく、そして自分のプライベートな時間を増やしていく

いいきっかけになるかもしれませんね。

コロナウィルスは確かにこわいです。

しかし、ただそれに怯えて不安な気持ちで過ごすより、

意識を変えて、順応していくことが成長や進化につながるのではないかと思います。

中国や、日本の政府の対応について不満を述べるより

まず自分で免疫力をあげたり、感染の予防をする事を重要視しましょう。

タイトルとURLをコピーしました