病院に行くまでじゃないけど、体調が優れない。。。病気の手前の未病とは?

Mentality
この記事は約4分で読めます。
PR

このページに来たということは体調が良くないですよね?

そんななかご覧いただき本当に感謝いたします。

私は普通に正社員として働いていた時、この理由の良くわからない体調不良が

よく続いていました。

熱もないけど、体がだるい。

頭痛が続いたり、パワーが出なかったり。

病院に行くまでの体調不良ではないけど、体調が優れない日が続く。

これは『未病』と呼ばれています。

昔はなかったけど、最近は増えているそうです。

原因として考えられることは

  • 水分不足

1日にどれくらい水分を摂取していますか?

意識していないと、意外に摂取できていない人が多いです。

毎日コーヒーやお茶は飲んでいるけど、お水は飲んでないということが良く聞かれます。

最低限、 自分の体重(kg)✖️300ml が必要です。

このくらい水分を摂っていないと、体が脱水症状をおこし頭痛やだるさを起こします。

夏は、メディアでもかなり呼びかけられているので、みなさん気をつけて水分を摂っていると思うのですが、

冬はあったかいコーヒーやお茶を飲むことが増えてきて、お水は飲まなくなります。

確かに、寒くなってくると温かい飲み物の方が飲みたくなりますよね。

私のオススメはお白湯です。

おいしい?ってよく聞かれますが、慣れるとお白湯が一番美味しく感じます。

なんでお白湯って売ってないんですかね?笑

もし職場にお湯を沸かすアイテムがあれば、その都度お湯を沸かして飲んでみてください。

なんの罪悪感もなく、何杯でも飲めますし、

水分もしっかり補給できるうえに、体があたたまります。

冷えから来てる軽い肩こりは解消されるかもしれません。

夏もエアコンで体が冷えたりするので、お白湯がいいですね。

水分を摂取するのとセットで、おトイレの回数も増えると思いますが、

おトイレの回数が少なすぎるのも問題です。

体の中の老廃物はしっかり体から出しましょう。

  • 筋肉のこわばり

いわゆる肩こりなどです。

私が不調の時、優しい同僚が肩から背中にかけてマッサージしてくれたのですが

『なにこれ!ガチガチだよ!』と言われて初めて自分の肩こりを自覚しました。汗

肩から背中から腰も。

筋肉が張ってるということは血流が悪くなっているということで、

血液に乗って巡るはずの酸素も巡ってないわけです。

そのため酸欠状態になってぼーっとしたり、頭痛がしたりします。

しっかりストレッチしたり、誰かにお願いして体をほぐしましょう。

湯船にゆっくり浸かるのもいいですね。

  • 自律神経の乱れ

上記の2つを改善してみてもまだイマイチ。。と言う方は自律神経の乱れかもしれません。

自律神経とは、交感神経副交感神経から成り立っています。

なにかいつも気が張っている方は、常に交感神経が優位になってしまっていて

睡眠が浅かったり、血圧が高めになっていたり、イライラしやすくなっています。

人間の体は夜になると、副交感神経が優位になるのが正常のリズムです。

(私も良くやっていましたが)仕事で遅く帰って、そのままバタン。

と寝るとリセットする時間がなく

副交感神経の出る場面がありません。

つまり緊張状態のまま寝るので、疲れも取れません。

お家に帰ったら関節照明くらいの明るさの部屋で、温かいハーブティーを飲み

リラックス出来る音楽をかけたり、アロマをたいたり

できたら湯船に浸かりましょう。

まぁ、本当に疲れているとこれらのことを実践するのも大変なんですが、

休みの日に思い切りリフレッシュして、

平日もちょっとずつ意識するだけでも変わると思います。

歯を磨くことも、副交感神経が優位になるという実験結果もあるので

歯磨きだけでもしっかりしましょう!

最後に寝る前に「今日も自分頑張ったー!」と

自分で自分を褒めてあげることもいいですね。

仕事だと頑張らなきゃいけない時ってありますよね。

でも、やっぱり体の方が大事ですし、

自分の体は自分が一番わかるし、倒れる前に自分がケアしてあげないと誰もケアしてくれません。

倒れてからでは遅いですよね。

私も仕事しているときは、疲れすぎて帰ってきて何もできませんでした。

ご飯を食べることさえも面倒になっていました。

でも、そこを踏ん張って、何か一つ自分のために

自分の体が喜ぶことをしてあげてください。

未病の人が減ることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました